キー

ドアの交換をすることで防犯性が上がる|最新の製品

見積もりを行う

ドア

ドアノブは使用している内に様々な理由によって壊れてしまいます。強い衝撃を与えて急に壊れることもありますが、多くの場合は段々と壊れていくものなので、異変を感じたときには業者に依頼してドアノブ修理を行いましょう。外れやすい状態のドアノブでは簡単に鍵が開いてしまうことがあるので泥棒に入られてしまうかもしれません。他にも、ドアノブが壊れてしまうとドアが開かなくなり閉じ込められてしまう危険性があります。そうしたトラブルを防ぐため、壊れてしまう前にドアノブ修理を依頼することが大切です。
ドアノブ修理の依頼を行うにはまず業者に電話やネットから連絡を入れます。年中無休でドアノブ修理をしている業者なら異変に気付いたときすぐ依頼することができるので便利です。連絡を入れたら業者の人が自宅へ訪問し、ドアノブの様子を調べてくれます。何が原因で壊れそうになっているのかということや、壊れている部分を細かく調べることで修理に必要な工程を知ることができます。例えば鍵がかかりにくいという場合、ドアノブがずれていることの他にドア自体が歪んでいることも考えられます。そうしたときにはドア全体を修理することが必要です。現状の調査が終わった後にはどの部分の修理を行うのか、どの鍵に変えたいのかを考えて料金の見積もりを行います。壊れている部分が少ない場合でも劣化によって壊れやすい状態のものや、古いタイプで防犯性の低いものの場合修理に合わせて防犯機能が高いものに変えてもらいましょう。いろいろなタイプのドアノブがあるので、予算に応じて選ぶことが可能です。